So-net無料ブログ作成
検索選択
気づくヒント ブログトップ
前の10件 | -

本当の話だったんだ・・・と驚愕したこと [気づくヒント]

私の大切なお友達の一人、盛岡のみゆきちゃん

彼女と彼女のお友達は、宮古市内、市周辺の避難所や自宅避難されている方々に、自らの足で支援物資を届けてくれています。

そのお力になりたいと思い、私も友人やころりどサロンへ来てくださっている方、娘の幼稚園のママ友、たちに物資の協力をお願いしてきました。

おかげさまで、毎週、大量にみゆきちゃんのところへ送りつけている感じで、みゆきちゃんの負担が増えているのではないかと不安になるほど・笑

本当にみなさまの愛に感謝しております。

が、いつの間にやら話が広がって、私が直接お知らせしていない方々から物資が届くようになりました。

私は、受け取った荷物を開梱して簡単に仕分けします。
特に子供服はサイズごとにわけて、梱包します。

昨日も、届いた荷物を仕分けようと中身をみたところ。

『えっ???』

う、噂には聞いていたけれど、本当にこういう人がいるんだ・・・

明らかに使用した形跡のある下着
シミだらけ、毛玉だらけの洋服。
スケスケの夏服や甚平。

うーん・・・
こういうことがあるから、直接お話しできない方からお引き受けするのはちょっとためらったんだよなあ・・・


洗ってあるからといって、あなたは知らない人がはいたパンツをはきますか?
洗ってあるからといって、あなたは毛玉だらけで伸びきったタイツをはきますか?

『いらないなら雑巾にでもしてくれればいいから』

それなら、あなたが自宅で雑巾にすればいい。

今回、私が主にお送りしている先は岩手県です。
東北地方はゴールデンウィークが桜の開花時期。
4月中はまだ雪も降ります。
そんなときにスケスケの夏服をあなたは着ますか?

『着れる時まで取っておいてくれればいいから』

それなら、そのとき送ればいい。

支援物資は不要品を送るのではありません。
『そばに行って手を握ることはできないけれど、何かお役に立てるように』
と励ましのプレゼントを贈ることだと思っています。

『自分がしてほしいことを他人にする』

入院したときに「たくさん要るものだから」と使い古したパジャマを貰って嬉しいですか?

何か支援をしたいと思うのなら、その相手にとって何が今すぐ必要で役に立つか、ということをイメージすること、これも愛の形の一つだと思うのです。

ちょっと愚痴っぽくなっちゃったけど、一ヶ月が過ぎ、もう一度、問い直す時期かも知れません。

困った時はお互い様☆ママの力ってすごい [気づくヒント]

私には岩手宮城など、今回被災された地域にたくさんの親戚や友人が住んでいます。
幸い、私が直接ご存知の方はみなご無事でいらっしゃいます。
しかしながら、現地の皆さんは、ご家族や友人を失われたり、避難所で過ごしていたりと、不自由な生活を送っていらっしゃいます。

私の大切なお友達のみゆきちゃんもその一人。
盛岡でオーラソーマとエステのサロンをしています。

彼女自身は無事でしたが、ご家族や友人が宮古で避難所生活を送っていらっしゃいます。
また、避難所に入らずにご自宅に残って不自由な生活を続けていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

避難所から離れていると、支援物資が行き届かないことがままあります。

今週から、みゆきちゃん自身が車を出し、宮古の避難所と避難所から離れている各集落に物資を届けてくれることになりました。

微力ながら私もお手伝いしようと思い、近くのママ友たちに物資のご提供をお願いいたしました。

失礼ながら一斉メールでご連絡したのですが、30分もすると写真付きのお返事が。
『こういうものって必要かな?要らなかったら外すからチェックして!』

写真を見てみると、私が思いつかなかった便利グッズがたくさん写っています。

ママってすごいなあ…。

要不要が明確で動作が機敏。

母の力ってすごい。

私も早くそうなりたいな、と思いました。

反省も含めて [気づくヒント]


ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし






ペットにまつわる本はたくさんあります。
そして、それらの本を読むたびに
我が家の犬たちは幸せを感じてくれているだろうか、と
自身を振り返り、反省するばかりです。

ただそばにいてくれる、そのことのありがたさに

ただひたすら感謝

愛と信頼が治す病 [気づくヒント]

プラダーウィリー症候群

第15番目の染色体の機能不全により発症。



満腹中枢が働かず、食欲が制御できない

癇癪を起こしやすい

パニックに陥りやすい

など。


今一番の特効薬は、発症者に対する「愛と信頼」だそうです。



これは全ての病に効くことかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

ふるくてあたらしいところ [気づくヒント]

不思議なご縁で仲良くしていただいている画家のKei Lule'aさん。

銀座でのグループ展に参加していて、本日お当番日、というお知らせを受け、
30分ほどなら立ち寄れる[exclamation×2]と、ダッシュで行ってきました [ダッシュ(走り出すさま)]

銀座1丁目ということだけ確認して、Keiさんに聞けばいいや[携帯電話]
とさすがいい加減な私。

お電話したら、Keiさんも気さくに答えてくださいます[黒ハート]

「奥野ビルっていう、ふるーい、とにかくふるーいビル[ビル]

了解で〜すと、奥野ビル発見[目]
おお、確かに古いビルだ〜。
戦前の建物?

さて、Keiさんたちはどこかな?
エントランスに入れば案内でもあるかしら。

入ってみたら。

なんと!
ビルの部屋ほとんどがアートスペースへの賃貸!

う・・・わからない・・・ [たらーっ(汗)]

[携帯電話]Keiさ〜ん。一階にいます・・・

「あはは、そこからが分からないよねえ[わーい(嬉しい顔)] 今行くから待っててね」

お迎えにきてくださいました。ありがとうございます。





今回、Keiさんは3点の小品を出展なさっています。
http://diary.kei-laulea.com/
↑このブログにも載っている「Theater」という作品も
Keiさんらしくって幻想的でとても素敵。

「この中には誰がいるんだろう?人間じゃないかもしれないね」

そんなKeiさんの魅力がきゅっと詰まっている感じです。

私は小さな椅子の絵が気になりました。

なぜ、ここに、こんなふうに、椅子が置かれているのだろう。
妖精がダンスする舞台なのかも。
繊細な光の粒が、キラキラと喜んでいる

そんな作品たちです。



小部屋の最奥に掛けられた大きめの作品に目が留まります。

かんのんさま・・・?
隣にいるのは牛に乗っているから老子?

同席されていた方の作品でした。

「老子が好きなんだ。道とかね。」

オーラソーマにも老子と観音っていうボトルがあるんですよ。
ブルーとオレンジがテーマカラーなんですよ。
この作品と同じですね。
観音さまはオレンジの薄布を腕に絡め、
老子は青い衣をまとっている。
彼らの周りには水が流れ、魂が流れている。


「へえ!そうなんだ!それ何?オーラソーマ?イギリス?おもしろいねえ」


ああ、これも集合意識だ。
同じような理解をすでに共有しているね。



Keiさんが言う。
子どもも本当に小さい頃は『チューリップを描く』と四角いチューリップを描いたりする。でも、いつのまにか、なんとなく定型化していく。不思議なのよね」


アーティストはターコイズ、なんですねえ。


*奥野ビルはタモリ倶楽部でも紹介されるほど魅力的なビルのようです。
ぜひ検索してみて!

今週のジョナサン [気づくヒント]

人生では、かけがえのない人の気持ちを、どうしても理解できないことがあります。それはなんと皮肉なことなのでしょう。しかし、その種の混乱はしばしば人生の魅力の一部でもあるのです。身近な人が変わりつつあります。本人でさえその変化について説明することはできません。
 いかなる状況にあろうとも、そのことを個人的に受け止めるべきではありません。不公平なことが起こっているような気がしても、ここはぐっとこらえて、その人をサポートしてあげてください。これを契機に、自分自身の人生をもっと広く、賢い観点から見るよう心がけましょう。今、あなたが呼び起こすべきは、忍耐心と優しさだけです。これらの特質さえ備えていたら、そのほかに必要なものはすべてあなたのものになるでしょう。

無ですな、無。

むむ〜

ジョナサン・ケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html

当たり前の大切さ [気づくヒント]

釧路市動物園のアムールトラ、タイガとショコラ

http://www.city.kushiro.hokkaido.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1213189909596&SiteID=0

障害を持つ虎の子がいる、というのはどこかで聞いた気がしていましたが、
認識したのは6日付の日経の記事です。


記事の結びに書かれてあったこと。

ココアは自分に障害があるとは思っていないし、亡きタイガもそれは同じだったはずだ。歩きにくいとしても、それを当たり前のこととして受け入れてきた。我々が彼らの命を助けたのではなく、彼らが懸命に生きてくれたと思っている。


先天性の脊柱側弯症。
立つことすら困難であろうものを、
歩くにまでケアする飼育員の方達。
彼らが心底トラちゃんたちを愛してるんだろうな、と伝わってきました。

コーチング [気づくヒント]

コーチング、と銘打ってあるものを初めて受けました。
受けた、というか、正確には練習台になった、ということです。

知識としては知っていたし、というか、実際に自分がクライアントさんに
スキルを使っているわけですが、
受ける側になるのは初めてなのでワクワクしました。

結果。
楽しかったです。

仕事をする上では、やはり有効なスキルですね。

人生には転用しない方がいいでしょうが・笑

自己実現とか好きな人にはたまらんでしょうな。

西洋的ですな。

話しているうちに気が大きくなってしまうという
自身のくせにも気づきましたよ。

あ、だから今まで生きてこれたのか^^;

いい経験でした。

恋愛が動くシーズン [気づくヒント]

恋愛が動くシーズンが来ているようです。

星の位置とか含めて、その辺のエネルギーが動くみたいです。

ちゃんとセンタリングして、グラウンディングして、
ヘンなのつかまされないようにね!


人気ブログランキングへ

ミクロコスモス [気づくヒント]

サハラ砂漠の砂をもらいました
サハラ.jpg


砂漠って、なんだろう?

(今、裁くって、と出た・苦笑)


裁いていたから、砂漠になったのかな。




いつも砂漠の記憶はロイヤルブルーとともにやってくる。

裁いていたね。

ゴールドを大切にする、という意味をはき違えていた。

誰にも盗られないように、隠そうとしていた。
時々ちらつかせて、優越感に浸っていた。


分かち合ってこそ、輝くのに。

すべてはひとつ
ひとつはすべて



人気ブログランキングへ


前の10件 | - 気づくヒント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。